これまで製作したアニメ聖地巡礼&音楽動画

投稿日:

前回の投稿で「未確認で進行形」(みでし)に関わる以下の動画をご紹介いたしました。

この「聖地巡礼」を扱ったブログも百花繚乱の中、アニメファンであり鉄道ファンでもあり、さらに音楽家である私だけが作れる聖地巡礼コンテンツが何かできないものかと考えておりました。その結果、私が撮影した写真を私が制作したDTMによる音楽をバックに動画で流すというスタイルで作ってみたのがこれです。楽曲は主人公夜ノ森小紅のキャラクターソングでアニメ12話でも流れた「ほんとのきもち」、原曲は勿論小紅の声を演じた「ぱるにゃす」こと照井春佳さんが歌っています。私のバージョンでは初音ミクですが、原曲とは違うクラシックオーケストラアレンジに作り替えてあります。

前置きが長くなりましたが、私が制作した「聖地巡礼」の動画コンテンツをここで全部ご紹介しておきます。

みでしに関してはもう一つ「関連動画」ということでこういうのも制作ししました。

みでしの4話に登場する郡山市内に古くからある「酒蓋公園」の1年間を動画にしたものです。音楽はみでしBGM(未確認で伴奏形O.S.T)より「16歳っていうのは特別な感じだ」。こちらは原曲に沿って耳コピーしてます。


次に「みでし」以外のコンテンツです。

・「ガールズ&パンツァー」(2012年作品、茨城県大洗町)

もはや多くの方にお馴染みの「ガルパン」ですね。昨年映画も公開されてそれも大ヒットしました。現地大洗町には2013年5月に訪れております。音楽はBGM集から3曲を抜粋して原曲の耳コピーにより製作。

・「一週間フレンズ」(2012年作品 東京都多摩市他)

ジブリ映画「耳をすませば」の聖地としても有名な京王電鉄聖蹟桜ヶ丘駅の周辺がメイン舞台になっている作品。友達の記憶を一週間でなくしてしまう中学生の女の子と彼女と永遠の友達になろうとする男の子の切ないストーリーでした。エンディング・テーマはスキマスイッチが歌い大ヒットした「奏(かなで)」ですが、初音ミクと弦楽四重奏によるバックというスタイルでリアレンジしてあります。

・「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた」(2013年作品 千葉県流山市)

かつては「鉄道アイドル」に関わる仕事とかもしていた関係で「ろこどる」(ローカルアイドル)には結構興味がある私ですwそのろこどるが奮闘する姿を描いて話題になった作品です。ロケ地流山市(作品内では「流川市」)も東京近郊としては地方都市感いっぱいの良い街です。音楽はその「流川市」のイメージソングとされた「あぁ流川」。アニメの1話で流れるピアノ伴奏の雰囲気とミク&MEIKOのデュエットで再現しました。

・「響け!ユーフォニアム」(2015年作品 京都府宇治市&京都市)

最後に久々に今年作った動画(現地訪問は2015年の大晦日)。あの「けいおん!」と同じ京都アニメーションが昨年制作した高校の吹奏楽部を舞台にした音楽アニメ。洗足学園が音楽監修を行い学生たちが実際の演奏をするなど非常に力の入った作品。使ったBGMはこのアニメのために作られたオリジナルの吹奏楽曲「三日月の舞」です。折角の吹奏楽曲でスコアもネットを通じて市販されていますので今回は耳コピーせず楽譜を忠実に音源化しています。(なお演奏解釈については音源準拠ではなく私のオリジナルです。)


以上がこれまでに作った動画の全てです。「聖地巡礼」自体は他にも「ラブライブ!」や「きんいろモザイク」など各所行っているのですが、こういうコンテンツにまとめるのは実際のところなかなか大変ですのでなかなか作ることは出来ていません。また既存のオリジナル音源を使ったのでは(勿論「原盤権」による制約とかもありますし)そもそも面白い行為ではありませんので自分で作って載せるというスタイルを貫いています。

そんなわけで、次の作品がいつ作れるかは何とも分かりませんが、またやってみたいとは常に考えておりますのでその際は皆様お付き合いいただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください